中学受験算数の時間

中学受験に限らず、試験と名の付くものはほぼ全て、制限時間が設けられています。算数では特に、試験でのペース配分が重要になってきます。計算問題にはあまり時間をかけず、大問題に時間をとっておくようにというのが、王道でしょう。受験勉強をするときには、問題を解くことばかりに捉われず、時には制限時間を設けて解いてみることも大切です。

もしも、入試本番で上手にペース配分ができなかったらどうなるでしょうか。大問題だけでなく、確実に得点を取っておきたい計算問題ですら時間が足りずに解けなくなってしまうのでは元も子もありません。せっかく勉強してきたことを最大限に活かすには、時間配分を正確に行うことも必要なのです。

そこで、どのように時間配分の力をつけるかですが、練習問題を解くときや過去問を解くときに時間を制限して取り組む練習が効果的です。ただ、全くわからない問題を時間制限して解こうとすると、解けないストレスに苛まれてしまう可能性があります。一度挑戦して解説を理解し、再挑戦するときに時間を決めて取り組んだり、過去問を本番と同じような条件で解くときに時間制限してみるのも一つの方法です。時間配分を何も考えずに本番に挑むのだけは、避けておいたほうがいいでしょう。