中学受験算数の解答

国語の読解問題では、解答がいくつかあっても不思議ではないと思うかもしれません。実際には単純に決められない問題ですが、国語に比べたら算数には解答が一つしかないはずだと思い込んでいる方もいるでしょう。しかし、実は中学受験の算数問題ですら、解答が一つだけではないこともあります。もちろん模範解答は一つだとしても、解答によっては正解になる可能性もあります。

実は、問題の解答が一つではないというのは、出題者側が敢えていくつもの解答が出てくるようにしている場合があります。目的は、解法の過程を見るためです。本当に算数が好きか、得意か、将来的に見込みがあるかという素質は、どのように問題を解決するかを見ているとわかります。いかに工夫して問題を解けるか、自分なりの解決法を導き出せるか、創造的な表現ができるかを見せてくる受験生は、中学に入学してからの成長にも期待が持てます。学校側が求めているのは、受験に強い生徒ではなく、入学してから成長してくれる生徒なのです。

もちろん、受験で自分なりの解法で解答するのにはリスクが伴うと思うかもしれません。しかし、仮にその問題が不正解になっても、他の問題で得点をカバーできるだけの余裕を持てれば、算数がグンと楽しくなるはずです。