中学受験算数の必要性

中学受験のために学ぶ算数は、将来役に立つのだろうかと疑問に感じたことはありませんか。大人になっても、子供の頃に学校で学んだ勉強が役立ったことがないなどと発言する人がいます。しかし、実際にはそんなことはないはずです。ちょっとした計算をするときにも、九九を使う場面は多いでしょう。中学受験でいえば、思考力を鍛えることが将来にも役立ちます。中学受験の算数や、中学から学ぶことになる数学では、思考力を試されるシーンが多いものです。ここで考える力を養っておくと、将来的にも複数の情報の中から必要な情報を選んで行動したり、論理的に解決する能力がつきやすくなります。

そのためにも、中学受験の算数が公式だけで解決できるものだと思うのではなく、発見し創造することだと受け止めるのが大切です。入試でも、公式さえ知っていれば解答できるような問題は、あまり出題されていません。むしろ、公式を活用して論理的な思考を発揮することが重視されています。パズルを解くように工夫を重ねることで解答に導く流れを学べますし、正解すれば達成感を得られます。達成感を得ることが意欲につながり、次のステップへと進ませてくれるでしょう。受験のために算数を学ぶことは、大いに意義があるのです。