中学受験算数の難問

算数の力を向上させるために、学習塾や講習、家庭教師についている受験生もいます。特に学習塾に多い傾向ですが、中学受験のためには難易度の高い問題ばかりに挑戦させて解法を指導する方法を採るところが多いのです。なぜ、学習塾ではレベルの高い問題ばかり指導するのでしょうか。志望校ごとにクラスのレベルが異なるのとは別に、指導内容の難易度が高いのには理由があります。

簡単にいえば、小学校では中学入試で出題される内容を詳しく学べないためです。小学校では、全ての生徒に平等に学習を指導します。中学受験をする生徒もいれば、しない生徒もいるため、平均した内容の授業をすることになるわけです。当然のことながら、難関中学の受験に対応できる授業を全ての生徒にするわけにはいきません。そこで、受験する生徒は学習塾などで不足分を補うことになり、学習塾では小学校で教えていない範囲のことを教えることになります。

小学校で教えていないことまで勉強して、受験する意味があるのかと時には疑問を持つ方もいるでしょう。しかし、学校に通っているうちは、勉強が本業です。ゆったりとした教育を受けることが必ずしものびのびとした子供を育てるとは限りませんから、やるべき勉強をしっかりと学ばせることも必要なのです。