中学受験算数の基本

中学受験では、算数で思うように点を取れなくても、別の科目でカバーすればいいと考えている人もいるでしょう。しかし、入試で合格点が取れればその後は安泰という考えには要注意です。最も避けたいのは、志望の中学に入学してから、授業についていけずにドロップアウトしてしまうことでしょう。せっかく努力して受験に成功し、目指す学校に入れたのに、落ちこぼれてしまったという劣等感に長い間つきまとわれることはよくあります。中学受験の失敗で将来の人生にまで影を落としてしまうのは、残念なことです。

そこで考え直しておきたいのが、算数への力の入れ方です。志望校が明確なのはいいことですが、受験生の学力が志望校に合っていることも大切です。直前になっても思ったほど学力が向上しない場合は、足元を見つめて志望校を選び直す必要も出てくるでしょう。

また、中学に入学してから必要になる数学の力も、算数で準備しておくことが重要です。中学に入ってからは、小学校で学んだことは身についているものとして授業が進んでいきます。いざというときにわからないことがあっても、自分で復習をする以外ありません。復習に時間をとられている間に授業に追いつけなくなったということにならないよう、今するべき勉強は今しておきましょう。