中学受験算数の鶴亀算

中学受験でも出題されることが多い算数のつるかめ算ですが、中学入学後の数学でも代数の基礎として役立つ計算方法です。また社会に出てからも、つるかめ算を応用する機会は多く、しっかりマスターしておいたほうがいいでしょう。つるかめ算でつまずいてしまうのは、得点面でも惜しいことです。確実に解答できるように、勉強しておく必要があります。

つるかめ算自体は、基本を覚えてしまえば簡単に応用できる問題です。スピードアップも図れる計算ですから、体に覚え込ませておくと便利です。つるかめ算が便利なもう一つの点は、思考力が鍛えられることです。つるかめ算のように比較的容易な、しかも楽しい問題で思考力を向上させられるのですから、有効活用しない手はありません。

中学入試では、つるかめ算のように、考える力を試す問題が多いものです。思考する問題が得意な受験生は別として、思考がフリーズしてしまいがちな場合は、つるかめ算のような取り掛かりやすい問題で思考力を鍛えるといいでしょう。思考する問題は楽しいと認識することにもつながり、学習意欲を高められます。学力というのは、いきなり難問を解けたからアップするわけではありません。順に確実な力をつけることで、レベルアップしていけるのです。