中学受験算数の速度

中学受験の算数で出題される問題は、難度と出題数を兼ね合わせて考えると相当な速解力が必要です。大問題では時間がかかるのは当然ですから、少しでもスピードを上げるためには計算問題で瞬時に解答する練習を積もうと考える受験生が多いでしょう。その練習も大切なのですが、もう一つ有効な練習方法があります。それは、計算問題を解いてから大問題に挑戦するという流れで学習を進めることです。

入試本番でも、まず初めに出題されているのは計算問題です。続いて小問題、大問題と出題されているのが、多くの中学の傾向でしょう。これは、計算問題でウォームアップをしてから、大きな問題に取り組んでもらおうという考えの下です。いわば、入試の準備運動といったところでしょうか。

脳にとっては、ウォームアップ以外にもメリットがあります。計算問題が解けたという体験をすれば、その成功体験によってやる気が出て、実際に解答できる力も発揮しやすくなります。受験勉強をする時にも、まずは計算問題から始めて大問題に取り組む流れで進めれば、成功体験が学習意欲につながるでしょう。難問はとかく時間だけ経過させてしまいやすいため、効率のいい学習法をするようにしてください。