中学受験算数の図形

中学受験の算数問題で必ずといっていいほど出題されるのは、図形の分野です。そのため、図形についてよく勉強しておくことは大切ですが、実は図形は他の分野にも応用できるのをご存知でしょうか。例えば、つるかめ算や周期算でも、イメージを思い浮かべて考えることが解答につながります。図に描けそうだと思ったら、とりあえずイメージを試験用紙の余白に描いてみることです。ただ唸っているだけでは混沌としていた頭の中が、スッキリ整理されて解答に近づいていくのがわかるでしょう。

図形やつるかめ算などの問題が、計算問題のような小問として出題されることもあります。このときは、十分な時間をかけることすら出来ません。スピーディーに解答するには、頭の中に解法の構図が思い浮かぶ必要があります。試験用紙の余白に書き込みをするのは自由ですから、手を動かして描く習慣を身につけておくことも大切です。

難関校は別として、計算問題と小問を完璧に解答していれば合格できる中学も少なくはありません。逆に、計算問題や小問でミスしてしまうのは痛いところです。計算や小問はパーフェクトを目指すようにと言われがちな算数問題ですが、時間をかけ過ぎるわけにもいきません。バランスよく解答するためにも、比較的易しい問題は容易に解ける力をつけておきたいものです。