中学受験算数の仕組み

いかに公式を覚えて解答に活かすか、これは算数の問題において大前提の力です。問題を前にしてどの公式を使うべきかが直ちにひらめけば、解答をスピードアップすることができるでしょう。中学受験の算数では、さらに思考力を磨く必要があります。真の思考力とは何かといえば、解答の仕組みをつかむ力です。覚えた公式に当てはめようとして悶々と時間を過ごすより先に、問題を解く構造を考えるのです。

練習問題に取り組む段階では、思考力を試す解答に時間をかけても構いません。時間のかけ過ぎはよくないとしても、確実に問題や解答の構造を理解することのほうが重要です。理解できるまで何度も解き、頭に染み込ませておきましょう。ただ、独力ではどうしても理解できないという問題も出てくるはずです。そんなときには、学習塾の講師や家庭教師の力を借りて、理解できるように指導してもらいましょう。先生の前だからといって、わかった振りをするのは勿体ない話です。出来ることを教えてもらう必要は、ありません。出来ないことこそ、指導してもらうことが大切なのです。

思考しながら問題の仕組みを理解していけば、本番でも解答へのヒントが思い浮かびやすくなります。入試本番で瞬時に解法がひらめくかどうかが、合否の差となるでしょう。