中学受験算数の発想力

中学受験の算数では、計算問題に発想力が必要です。覚えた公式を活かして、基礎的な練習問題を数多く解いておけば対応できる問題は、全体的に少なくなってきました。発想力は、もともと数学が好きか、得意な人だけに授けられたものだと思っている受験生もいるかもしれません。しかし、実は練習でも発想力を身につけることができるのです。

計算問題に限らず、算数で発想力、ひらめく力を発揮するには、どこに注目すべきかを覚えておくことです。ほとんどの受験生は、学習時に練習問題を解いて、解答と解説を確認するでしょう。問題のどこに工夫が活かされているかは、解説の中に書かれてあります。もしも詳しく書かれていない場合は、問題集を選び直すことをおすすめします。解説を理解して再度問題を解き直し、自分のものに出来れば、本番あるいは次に似た問題を前にした時にピンとひらめくものがあるはずです。ここで工夫する力が発揮され、応用の計算にも難なく取り組めるわけです。

どこに注目すべきかが、解説に書かれている問題集を選べば、問題を解いていくだけで発想力がついてきます。こうして、計算に工夫を取り入れる癖がついてくれば、シンプルな問題でも他の受験生より素早く解ける方法で解答できるでしょう。