中学受験算数の計算力

計算問題は確実に、という注意は、中学受験の算数に対してよく言われることです。しかし、計算問題でミスをしないようにするあまり、別のポイントを見落としてしまう受験生が多いのも事実です。確かに、算数の問題では正確にかつスピーディーに解くことが必要ですが、中学側でも易しい問題を用意しているとは限りません。むしろ、受験生をふるい落とすために工夫した問題を出している学校のほうが多いはずです。

出題者側が計算に工夫問題を用意するのは、決して受験生をふるい落とすだけが目的ではありません。もう一つの理由としては、応用力を問うている面もあるのです。計算問題は、がむしゃらに速度を上げて解けばいいのでしょうか。その考え方は、お腹に入ってしまえば何を食べても同じと思うのと一緒です。入試でいえば、得点を取れれば何でもいいということに相当するでしょう。

受験生にとってはとにかく得点を取れればいいかもしれませんが、実際に学校側が求めているのは解答に工夫がされているかどうかです。工夫は思考であり、思考力は応用力につながりますから、より成長する可能性の高い生徒を受け入れることができるわけです。勉強をするときには、工夫力を活かす計算問題にもたくさん挑戦しておきましょう。