中学受験算数の確実性

受験する中学にもよりますが、中学受験の算数は年々難易度が高まる傾向があります。難関校ともなると、試験時間に対して問題数が多過ぎると悲鳴をあげそうになることもあるでしょう。より難しい問題を少しでも多く解く力をつけたいと思って焦るのも、無理はありません。ただ、そんなときこそ思い起こしてほしいのが、確実性を高めるということです。

難しい問題を何題でも確実に解けるなら言うことはありませんが、多くの受験生は解けない問題や苦手な分野があるから学習に励んでいるはずです。しかしそれと同時に、得意な分野を伸ばして確実に得点できる問題を増やすことにも力を入れることが合格へと近づけてくれます。

算数は苦手というほどでもないけれど、そこそこの学力という場合は特に要注意したほうがいいでしょう。というのも、そこそこの学力がある場合、確実性もそこそこになってしまう可能性があるためです。例えば過去問を解いてみて、全くわからなかった問題があれば、できない分野が明確に把握できます。ところが、完全には解けないもののわかる部分もあるという場合は厄介です。ある程度はできるという頭があるため、どこを勉強したらいいのかがわかりにくくなってしまうのです。得意、不得意を把握して、必要な学力を積んでいくようにしましょう。