中学受験算数の範囲

中学受験の算数はとかく難しいと言われがちですが、難しいとばかり言われても何が難しいのか、何故難しいのかが理解し難いという方もいるでしょう。中学入試の算数問題には、受験校の方針が詰まっていると思って間違いありません。入学してからの学習レベルについて来られる生徒なのかどうかが、中学校にとっては最も大事なことなのです。

そのように考えると、学力レベルの高い中学校が入試で難問を出題するのにも納得がいきます。もしも難問に正解できなくとも、他の問題で得点を集めて合格できたとしたらどうでしょうか。生徒にとっては、入学してから授業についていけずに苦労する可能性が高くなるでしょう。結局そのまま学力を上げられずに落ちこぼれてしまえば、難関中学に入学した意味もあやふやになってしまいます。

だからこそ、受験生の足元を見つめて学力を上げていく勉強をすることが大切になってきます。中学受験の算数が難しいと言われるのは、学校では学ばないような応用力が問われるのが一つの理由です。範囲自体は教科書に出ていない内容が出題されることは少ないものの、学校ではあくまでも基礎力をつけることが目標と理解して、受験に向けた学習をする必要があるのです。