中学受験算数の基礎

中学受験に向けた算数の学習で、難問ばかりに取り組んでいる受験生もいるでしょう。難問に取り組むこと自体は大切でもあるのですが、実は算数が得意な受験生にとっても苦手な受験生にとっても難問にこだわり過ぎるのは危険です。というのも、算数の入試問題で多いのは、複合問題だからです。ただし、当然のことながら入試でどの分野が複合問題になるかは当日までわかりませんから、幅広い範囲の基礎を固めておくことが重要なのです。

ある難問が解けたとしても、基礎が理解できていないのであれば、正解したのはまぐれだったのかもしれません。しっかりと基礎を応用する力がついていて難問を解けたのなら問題ありませんが、練習問題を繰り返して暗記したような力で正解できたのでは、実際の入試で問題を解ける確率は危うくなってきます。そこで、おすすめの学習法として、基礎問題の典型例を出題して要点をまとめている問題集を解く方法を紹介しておきましょう。

各分野の基礎がきちんと身についていれば、応用するレベルに立つことができます。基礎と応用の境目でうろうろと迷っているようでは、難問どころか初歩的な問題にもミスしてしまう恐れがあります。そんなことにならないように、最後まで基礎の踏み固めを怠らないようにしてください。