中学受験算数の計画

中学受験の算数で成功する力をつけるためには、計画的な学習が必要です。どのくらいの期間で、いつまでに特定の分野をマスターしておくかにこだわるあまり、受験生に合わない計画を立ててしまうこともよくあります。無理が生じたり、逆に不足があったりと、バランスの悪い計画は逆効果になりかねません。受験生の学力に合った学習であるのはもちろん、どの分野をどのくらいの期間で学習するかも決めておく必要があります。

期間的には、短期集中型、中期計画、長期計画に分けておきましょう。また、もともと算数が得意な受験生、算数が苦手な受験生と、学力別の計画も合わせて立てることが大切です。学力によっても、基礎固め、標準力、応用強化と異なるレベルで段階的に学習しなければなりません。

算数が得意でも苦手でも、誰にも平等にやってくるのが入試直前です。中長期的に計画立てて学習を進めてきた受験生も、入試前にはいよいよ短期集中型の学習をするべきです。目標を現実的に設定し、確実に達成するのがポイントです。直前に来てまで無理な目標に向けて何も達成できないのでは、元も子もありません。足元を見据えて、入試間際でも着実に力をつけるようにしましょう。