中学受験算数の量と質

中学受験の算数は、難関校ともなると大人でもお手上げになるほどの難問が出題されています。それでも正解して合格する小学生がいるのですから、末恐ろしいところです。実は、難関校ほど、大学合格までを見据えた試験問題が出題される傾向にあります。優秀な人材は、早期に発見して教育しようということでしょう。

難関校に限らず、受験の算数に勝てるかどうかは量より質にこだわった勉強にかかっています。もちろん多くの量の問題を練習できればいいに越したことはないのですが、受験日までの時間は限られています。にもかからわず、やらなければならないことは山積みなのであれば、厳選した問題に取り組んで、いかに確実に力をつけるかが大事でしょう。そのために、取り組むべき分野をあらかじめ確認しておくことも必要です。

量より質にこだわって勉強を有効に進めるためには、ある程度時間を限って問題を解くのも効果的です。確実にしておきたい一問といっても、丸一日かけて一問解くのでは、いくら日数があっても足りません。時間を限って問題を解き、解答を見て理解したら再度問題に取り組むというような方法も力がつきやすいです。意外に難問も理解しやすくなり、だらだらと時間を使って問題を解いていたのが無駄だったと思えてくるものです。