中学受験算数の合否

中学受験の算数で、合否を分ける問題の分野は何だと思いますか?答えは幾つかありますが、一つは難易度が中程度以上の問題を確実に解答することです。細かくいえば、最も落としたくないところは、中難易度の問題といっていいでしょう。理由は、難易度が中位の問題は正解できる人と正解できない人とが真っ二つに分かれるためです。

難易度の低い問題は誰もが解答できるため、正解できて当たり前です。一方、高い難度の問題は他の受験生も解けない確率が高いのが現実です。ところが難易度の高い問題で差をつけようとすると、試験本番では慌てて失敗してしまう恐れがあります。ただでさえ限られた時間の中で、解けない可能性も高い問題に大幅な時間を割くのはどうでしょうか。それよりも、正答できる可能性がより高い問題に時間をかけたほうが、合格の確率も高まるでしょう。

もちろん、難しい問題を難なく片付けられるような力を持っていれば、本番でも高難度の問題に挑戦してみるべきです。良い学習塾では、自信を持てる分野を見極めさせる指導もさりげなく行っています。得意分野と不得意分野が明確になれば、不得意分野に力を入れるだけでなく、得意分野を伸ばしていくことも可能なのです。